乾燥肌改善に役立つ食品

乾燥肌の改善には、食生活を見直し乾燥肌に良い栄養素を含む食品を積極的に食事に取り入れることで体の内側からケアすることができます。
乾燥肌の人は、皮脂分泌や角質層の水分、天然保湿因子の量などが少なくなることで皮膚表面が乾燥しています。乾燥を防ぐためには、毛細血管の血行をよくします。そのため、ビタミン類やセラミド、αリノレン酸、亜鉛などを多く含む食品が適しています。

皮膚や粘膜のうるおいを維持したり、新陳代謝を活発にしてくれるビタミンAは、レバーや青魚、乳製品、わかめ、卵、緑黄色野菜に含まれています。肌が乾燥することで起きる炎症を抑えたり、新陳代謝を活発にするビタミンBは、豚肉や大豆、納豆などに含まれています。コラーゲン生成を促したり、高酸化作用のあるビタミンCは、パプリカやレモンなど野菜や果実に含まれています。角質層にある皮膚を外部刺激から守り、角質層の水分を保持するセラミドは、こんにゃくや大豆、ひじき、わかめなどに含まれています。

ビタミン類の中には、熱や空気中の酸素に弱いものもあります。特にビタミンCは、水溶性ビタミンのため、生で食べられるものはできるだけ生で食べ、加熱調理する場合でも加熱時間はできるだけ短時間にする工夫が必要です。

乾燥肌対策