目の下のたるみはなぜできる?

目の下がたるんでいると、実年齢よりも上に見られることが多くなります。
この症状ができるのには様々な原因がありますが、特に関係があるのは加齢による肌の衰えです。
若いころは肌内部に美容成分が豊富に存在しており、それらが内側からハリを出すことで弾力があってふっくらしていました。
しかしこれが減少しハリを出す力が弱くなることで、垂れてたるみができてしまうのです。

そのほかには、体質的に目の下に脂肪がたまりやすく、その部分がふくらんでくることも挙げられます。
遺伝性の場合もあるため、家族の中に同じような症状の人がいれば可能性は高くなります。
さらに肌の乾燥や外部からのダメージも、原因の1つです。
保湿力が足りないと水分が保たれず、持ち上げるパワーがなくなることでたるみが生じます。
また、洗顔時や痒みがあるときなど、つい圧力を加えてこすってしまうと、その負担によって目の下がたるんでくることもあります。

そして近年増えているのは、パソコンやスマートフォンなどを長時間見続けていると、画面に集中してしまいまばたきする回数が減っていきます。
そのせいで目の周りの筋肉が衰えて、徐々に下がってくるとたるみにつながってくるのです。
大きく分けるだけでも、これだけの原因がありますので、心当たりがある人はそれを見直し改める努力をしていくほか、場合によっては皮膚科で治療してもらうようにしたいです。

目のクマ