年齢からくる顔のたるみを予防する方法

顔のたるみは年齢からくることが多く、20代から始まっているとも言われています。顔のたるみは、加齢以外にも顔を作っている筋肉の退化や紫外線、乾燥などにより引き起こされます。他にも首の位置がずれることでたるみを引き起こすこともあるため、顔の手入れだけでなく首の緊張をほぐすことも大切です。

予防方法としては、紫外線対策をしっかりと行うことやバランスの良い食事を摂ること、良質な睡眠、保湿、正しい姿勢を保つ、顔の表情筋や深層筋を鍛えることなどがあります。
紫外線の中でもUVAは真皮層まで届くため、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどを作り出す繊維芽細胞に対してダメージを与えます。繊維芽細胞がダメージを受けるとコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの生成量が減少し、これらを分解する酵素が過剰分泌してしまうため、日焼け止めなどを用いて紫外線対策を行います。紫外線は、冬でも曇りの日でもでているため、1年中対策します。

また、大豆イソフラボンやビタミン類などをたるみに対して効果的な食べ物を積極的に取り入れることも有効です。反対に甘いものを食べ過ぎると糖化作用が過剰に働いてしまいコラーゲン分解や再合成などの代謝サイクルが滞るため食べ過ぎないように注意が必要です。

顔のたるみ