ニキビ跡・クレーター跡になる前に治す方法

ニキビができるのは何らかの原因が必ずあります。食生活、化粧を落とさない、洗顔しない、など思い当たる面があるのではないでしょうか。ニキビはできた時に治さないと膿をもち跡が残ります。
にきび痕もできてしまうと消滅するのを待つしかありません。ニキビ跡には色素が残るだけのニキビ跡と皮膚が凹凸状態になったニキビ跡とあります。色素が残ったニキビ跡は時間が経てばいずれ消えますが、凸凹状になったニキビ跡は消えません。残った場合はピーリングなどの角質層を溶かし生まれ変わる事でなめらかなお肌にもどすのです。

危険も伴います。凸凹肌にならないように悪化しても諦めないで皮膚科で治療を受ける事が解消する事に繋がります。ニキビ跡を消す事は後にしてまずニキビがある場合は優先的に今あるニキビを治しましょう。

①ニキビができる原因を知る…食生活や正しいスキンケアなど

②洗顔はぬるま湯で洗う…ニキビ専用の洗顔が約束です。40度は逆に肌が乾燥し毛穴が開き雑菌が侵入します。
30度ぐらいの冷たいぐらいが肌にいい温度です。

③保湿をしっかりする…潤いをキープして外側からの汚れを防ぎます。

この方法で改善しなければ皮膚科で診察を受ける事をオススメします。