妊娠による体の変化の原因とクリームの効果

女性は妊娠が成立すると、身体に様々な変化が起こります。身体の中身の部分では食事をすると気持ち悪くなったり、吐き気をもよおしてしまう、また下腹部が痛くなるなどのつわりと呼ばれるものや、突然涙が出たり不安な気持ちに襲われるといった、精神的な気持ちの変化が現れる場合もあります。

身体の外見そのものにも、妊娠すると変化は起こります。
お腹の中で成長していく赤ちゃんのために、子宮は日を増す事に大きくなります。
すると外側の肉は引っ張られていきますので、それが原因で妊娠線と呼ばれるしわが何本も入っていきます。
特に2人目妊娠となると、お腹は大きくなるのも早く、線もできやすくなります。妊娠線が出来ないように望む場合は、週数の早いうちから、ボディクリームを塗ると効果的であると言われています。

使用法としては、お風呂の後手にクリームを馴染ませ、お腹全体にいきわたるよう、円を描くように塗ります。
力を強く入れずに、マッサージをするような感覚で行います。クリーム自体は薬局や専門店で販売されていますが、中には香りの強い商品もありますので、匂いをかいで気持ち悪くならないかどうかを確認してから選びます。その他にも体毛が濃くなる、顔や足が浮腫んでくるという例もあります。

妊娠線クリーム