にきびを治す洗顔石鹸の選び方

にきびができてケアを適当にするとにきび痕が残るケースがあります。10代の思春期に起こるホルモンのバランスが乱れで思春期にきびができる場合があります。
思春期は成長ホルモンに関係しているため、食生活はさほど関係ないと言われています。関係ないとはいえ油物やケーキやチョコレートを食べ過ぎると皮脂が毛穴を詰まらせます。

にきびは、お肌から分泌されている皮脂や汗やハウスダストなどの汚れが毛穴を炎症させそこにアクネ菌が発生して悪化するのです。悪化する前に洗顔をこまめにすることで悪化を防ぐ事が出来ます。
毛穴が詰らないように優しくサラっと洗うのがポイントです。1日何度もゴシゴシ洗顔するのは逆効果。また、一般の洗顔石鹸も逆効果です。

ニキビ専用の洗顔石鹸はニキビの悩みから生まれた洗顔です。刺激の少ない完全無添加の薬用がオススメです。ニキビが皮膚科に行っても薬を塗っても治らない。
治るけどまたすぐできる。と言う方は洗顔石鹸の選び方が間違っています。
見直しが必要です。効果的な洗顔は元々から泡タイプが間違いありません。
泡立てて使うタイプは泡が完全になるまでに洗顔すると成分が皮膚に残ってしまいそれが悪化しているパターンもありえます。にきび専用の薬用洗顔石鹸の泡タイプを選んでみましょう。

大人ニキビ